実印のサイズの参考

イメージ画像

「実印」というものが存在します。
この「実印」というものは、公正証書などの作成・法人の発起人などになる場合などの、
主に公的な場所などでの「専用の印鑑」です。

その場合の「専用の印鑑」というものが、「実印」であってどうしても必要となってくるのです。

この「実印」とは、あらかじめ住民登録をしている役所で、
あなたが印鑑登録をしている「印鑑」のことを指しているのです。

「個人実印」で実印を作る場合は、「13.5mm~18mm」までの、
いろいろなサイズの径が多種多様にあるのです。

しかしデータに基づく統計によると、実際に「実印」を作る方の多くは
「13.5mm~15.0mm」を選ぶことが多いとされているようです。

では、男性と女性の二通りにわけて、挙げていってみましょう。
男性の場合は「15.0mm」「16.5mm」を選ぶ場合が多いです。

男性は姓名の画数や好みにより、「18.0mm」などの比較的大きな径を選ぶケースが多いようです。
女性の場合は結婚などで姓が変わる場合が多いため、
姓名の画数によって「13.5mm~15.0mm」などのケースが大半となっています。

また、名前のみを希望して作る場合も、決して少なくないようですね。
個人事業主・自営業の方の場合は、男女とも共通して「18.0mm」など、
比較的大きめの印で「印相体」を中心に選ぶケースが多いようです。

個人事業主・自営業としての契約・公的な書類作りなどのために、
「実印」が使われている場合は多いようです。
また外国人の方が、外国人登録原票に登録されているお名前、
または通称のお名前なら、印鑑登録が出来るようになっています。
ただし、このお名前または通称のお名前以外は登録不可となっていますので、お気を付けてください。

印鑑は重要
http://www.allyoucaneatlovediet.com/

このページの先頭へ