印鑑の種類

認印イメージ

「認印」というものが存在します。
常日頃からよく使われるものではありますが、言葉自体はなかなか使わないかもしれませんね。
認印とは何のことを指す言葉なのか、皆さんはご存じでしょうか。

認印というものは、印鑑証明書を添付しないでいいといった意味も持っており、つまり実印でも銀行印じゃなくても、印鑑ならばなんでもいいという意味です。
銀行印というものは、そもそも銀行などの公的な機関でのみ使うことが許されており、偽造を防ぐ意味も持っていて大変重要な印鑑です。
実印というものは、お役所などの公的な場所で登録されている印鑑のことを言います。

さて、お話は認印に戻りますが、いくら印鑑ならばなんでもいいとは言っても、じゃあシャチハタもOKなのか、というと実はそうではありません。

シャチハタはインクで捺印するために、捺印した後にその変化が大きく、にじんでしまったり印影がきちんと見えなかったり、印影の判断が出来なくなる恐れがあるため、多くの公的な書類手続きなどでシャチハタを使うのはご法度です。

ということは、必然的に認印としても、使えないのです。

シャチハタは変形しやすく、長期間使い続けていると擦り切れてしまう恐れの大きい商品ですから、一般的にシャチハタは印鑑の部類とは別に考えられているのです。
シャチハタは、ビジネスの場所でも、社内文書・事務作業・オフィスなどで、その使用の許可をもらう必要があると言えるものでしょう。
シャチハタを使う時は必ず相手の方に確認し、許可をもらってから使うのが最低限のマナーです。

ページの先頭へ