印鑑の種類、銀行印

銀行印イメージ

「銀行印」というものが存在します。
銀行印とは、金融機関や銀行へ、届け出る印鑑として使われています。
預金・貯金・定期預金にかかわっている印鑑です。

銀行印は、実印と合わせて併用することは可能ですが、あまりおススメはできません。
なぜなら、実印と併用して使っていくと、使用頻度が高くなってしまい、摩減・棄損・盗難・紛失・犯罪などのトラブルに合う可能性がアップしてしまうからです。
銀行印は、実印や認印などとは、できる限り別々に作っておく方が、偽造・トラブルを未然に防ぐ対策にもなります。

またここ最近では、パソコンなどを使った印鑑の偽造なども行われている可能性などもありますので、未然にデータ漏れを防ぐという意味でも、効果はあると言えます。
銀行印の効力は、実印や認印と比べても、法律上はなんら変わりはないという見解です。銀行印は、金銭関係に非常に近いこともあり、重要な印鑑です。
しかし実印が、登録者本人のものであることを、役所(市区町村)が証明していることを考えると、銀行印や認印は、あくまで自己申告に過ぎないということでもあります。

さすがに会社などの銀行印を作る時には、多少、縁起をかついで金運を上げておく、という意味からも象牙などの比較的いい素材で、オリジナルの印鑑を作っておくことも一つの手にはなると言えるでしょう。
実際に銀行印を作る時には、他の印鑑のサイズ・文字などと明確に区別して作っておくことで、銀行印の安全性が向上するでしょう。

ページの先頭へ