会社の顔

会社イメージ

「角印」というものが存在します。皆さんはこの角印が何を指すのか、説明できるでしょうか。
印鑑の種類であるということはご存じかもしれませんね。
今回は角印についてお話しましょう。

角印というものは、別名「社印」ともいい、その企業・会社の雰囲気・社風がにじみでる、その会社の顔となるべき印鑑のことをいいます。
会社が発行する、契約書・請求書・領収書などで使います。

言わば法人の認印のことで、官公印・公職印などに、実に幅広い範囲で、使われているのです。
しかし、角印は、登録されているわけではないので、法的な効力は実質ありません。

ですが、会社を設立したあとなどの、会社設立後の実務においては、角印が必要となってきます。
会社名が角印に彫られている印鑑のため、請求書・見積書などに捺印する場合に使われるものなので、個人事業主においても、屋号がついている場合は、必ず作っておくべきです。

もし、相手先に企業と商売するのであれば、やはり社印が捺印されてある請求書を請求されるのが一般的です。
個人事業主の場合でも、角印を作っておくのは常識といえるでしょう。角印を作る時は、社名が縦書きになるので、右→左へと彫るのが、一般的です。

角印は、その会社の寛大な気品・その会社の雰囲気・風格を持つとされているので、会社の将来的な発展・存続を長期的に願っていくためにも、力強い文字の方が、吉とされています。

特に、官公印・官公職印には、規定が定められており、役職によって大きさが決まっています。
しかし角印には、印鑑登録する義務はない、ということも知っておくとよいでしょう。

ページの先頭へ